ビーンズふくしま うつくしまふくしま子ども未来応援プロジェクトでは様々な行事を企画しています。

詳しくはこちらからダウンロードしてご覧ください。

平成30年8月17日(金)

毎年恒例の東京新聞、三菱重工様とのコラボレーションイベント「夏休みこどもイベント 体を使ったあそびと三菱重工グループの理科教室」を開催しました。

 

日時 平成30年8月17日(金)

   10:00~15:00

場所 福島市国体記念体育館 サブアリーナ

   福島市仁井田字西下川原41-1

対象 小学1年生~6年生

   ※未就学児の参加も保護者同伴であれば可能です。

持ち物 体育館用上履き 飲み物(水筒など)

参加費 無料

    

 

 

 

春休み子ども研修会

平成28年4月2日(土)

 

午前は郡山市のスペースパーク見学

午後は本宮市のスマイルキッズパークに行きました。

 

少し肌寒い日でしたが、雨に振られることもなく

楽しく学んで、元気に遊ぶことができました。

 

もちつくど~!

平成27年12月~1月

 

各仮設で餅つき大会をしました。

(安達仮設は他団体の餅つき企画があるため、

 たこ焼きパーティをしました。)

 

うすと杵でつくお餅は格別!

平成27年12月26日(土)

 

たこやきパーティー@あだち

安達運動場仮設にてちょっと遅くなったクリスマスパーティとして

みんなでたこ焼きやホットケーキを作って楽しみました。

 

いろんな味のたこ(?)焼きができました。

 

 

第2回 体育館で遊ぼう!!

 

平成27年11月14日

 

好評だった体育館遊びの2回目!

みんなでたくさん体を動かしました!

サファリパークに行こう!

 

平成27年10月12日(月)祝日

 

秋の遠足として今年もサファリパークに行きました。

大迫力のバスツアーでみんなで大騒ぎしながら楽しみました。

 

佐原の子ども仲よし作戦!

カレーパーティー&人形劇鑑賞会

 

平成27年9月19日(土)

 

佐原仮設の子どもが一生懸命育てた

ミニトマトを使ってのカレーパーティーを実施!

仮設外からも地域の方々を招待しておいしくいただきました。

 

カレーの後は北海道から公演のために福島に来ていた

子どもの劇団やまびこ座☆こぐま座さまが

仮設の子どものために人形劇を行ってくれました!

 

ホバークラフトを作ろう!

平成27年7月30日(金)

主催:東京新聞 

協力:三菱重工株式会社 KUMA

 

東京新聞様の主催で工作教室を開催しました。

ホバークラフトができた時は歓声があがっていました。

 

スパリゾート ハワイアンズに行こう!!

平成27年7月30日(金)

 

毎年恒例となっている本プロジェクト最大の行事です。

今年も県北地区、県中地区からたくさんの子どもと保護者が参加し、楽しいひとときを過ごしました。

 

第1回 体育館で遊ぼう!!

平成27年6月27日(土)

 

体育館を借り切って、思いっきり体を動かそうという企画です。

桜の聖母短期大学の堺先生とゼミの学生さんたちの協力で

たのしいエクササイズとレクリエーションを行いました。

 

春のこども研修会 アクアマリンへ行こう!

平成27年3月28日(土)

協力:浪江町教育委員会

 

春休みの思い出にアクアマリンに一緒に行って楽しみましょう。

申し込みが予定数に達した場合は受付を締め切らせていただきます。

 

 

 

チャーシューとカップラーメンを食べる会

平成27年3月22日(日)~3月29日(日)

協力:一般社団法人 日本即席食品工業協会

 

震災時には即席食品のお世話になった方も

たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

 

一般社団法人 日本即席食品工業協会さまのご協力により

今年も3月22日(日)~3月29日(日)の期間に

県北事務所でお世話になっている各仮設におじゃまして

「チャーシューとカップラーメンを食べる会」を実施いたします。

やわらかな自家製チャーシューと合わせてお楽しみください。

春の子ども映画会

平成27年3月21日(日) あづま総合運動公園体育館 会議室

共催:山形県映画センター

 

 

昨年度は大雪で中止となってしまった映画会

今年こそ実施します。

 

山形県映画センターさまとの共催で,

子どもが楽しめるようにと企画しました。

 

上映作品

超劇場版ケロロ軍曹 誕生!究極ケロロ奇跡の時空島であります!!

 

 

電気工作教室

平成27年3月14日(土)

共催 パナソニックキッズスクール

 

パナソニック株式会社の東北復興ソリューションプロジェクトと

連携して被災し避難している子どもたちへ

豊かな学びの場を提供する機会を設けたいと考えて実施しました。