プロジェクト概要

福島の、とりわけ避難生活中の子どもたちは今、難しい状況で生活しています。 
地震による、家屋の倒壊や原発事故で避難生活を余儀なくされ、また原発事故の影響に対する不安で、満足に屋外で遊べず、慣れない避難生活でストレスも多い、大人にも余裕がない今、とくに子どもたちにそのしわ寄せが行っていると私たちは考えています。

 

本プロジェクトの母体であるNPO法人ビーンズふくしまは、福島県内で10年以上にわたり、フリースクール運営や不登校児童・生徒のサポート、ニート・ひきこもりの自立支援を行ってきました。これらの事業を通じて、難しい状況にある子ども・若者に寄り添える地域づくりを行うとともに、子ども・若者と地域住民が相互に「豊か」な関係を築ける機会をつくってきました。子ども1人1人に地域が寄り添い続けられる、子どもに寄り添い続けることでつながりが生まれ、子どもの育ちとともに地域の大人たちも「豊か」になっていく。

 

私たちはそんなストーリーを、今だからこそ福島で紡いでいきたいと思っています。
福島の日本の未来を担う子どもたちが自由に成長できるようにするために、そして過去に類を見ない危機を私たち自身が乗り越えていくために、私たちはこのプロジェクトを実施します。

 

プロジェクトの目的

  1. 当法人の支援対象である「不登校の子どもたちやひきこもりの青少年たち」から、本プロジェクトではさらに広く原発事故環境下にある子どもを対象として支援を行い、最終的に地域住民自身による本来の支援対象者へ支援が行き届くことを目的とする。
  2. 大人が子どもたちに寄り添う地域をつくる。
    • 住民が子どもたちに寄り添う地域とは・・・
      1. 子どもが安心して活動できる環境を地域の大人が考え、整える
      2. 地域の子どもと一緒に大人が活動する行事がある
      3. 地域の大人が、困っている子どもを見逃さず、支えるために取り組む
  3. 大人同士もつながり合える地域をつくる。
    • 子ども会育成会の結成や、自治会の活性化など子ども・子育てを軸にした地域コミュニティの形成

このような地域の実現を目指して、このプロジェクトは動いています。

 

こちらもご覧になってください。

当プロジェクトについてのパンフレット(PDFファイル)

「NPO法人ビーンズふくしま」とは?

福島の子ども・若者支援を行っているNPO法人です。

不登校の子どもたち、ニート・ひきこもりの青年たちの居場所を通しての本人への支援と、親の会や相談を通しての家族への支援をおこなっています。

 

▼NPO法人ビーンズふくしま

http://www.k5.dion.ne.jp/~beans-f/

事務所所在地

  • 県北事務所
    • 〒960-8068 福島県福島市太田町17−8 アーバン横山Ⅰ 1F ふくしま子ども支援センター内
    • アクセス:JR福島駅から徒歩10分 東北自動車道「福島西IC」、「飯坂IC」から車で約15分
    • TEL:024-573-0150

    • FAX:024-573-0151
    • 開所日:火~土曜日
  • 県中事務所
    • 〒963-8034 福島県郡山市島2丁目49-13 ヤマサビル101
    • TEL:024-983-9481
    • FAX:024-983-9482
    • 開所日:・火~土曜日

※平成27年6月より西ノ内より島へ移転しました。ご来所される方はお間違いないようお気をつけください。